ニキビができる原因!

2014 年 4 月 23 日

ニキビというのは、思春期ニキビや大人ニキビなどの種類によって色々な原因が挙げられるのですが、根本的にニキビを作り出しているのは、皮脂や老廃物を排出する毛穴が詰まってしまうことです。

ニキビができる部分というのは特に皮脂の分泌が盛んな場所ですが、肌に柔軟性があればターンオーバーもきちんと行われて、皮脂や老廃物がしっかり排出されるのでニキビが出来ることはありません。

しかし、加齢や代謝の低下、ホルモンの影響で表皮が硬くなるとターンオーバーが狂ってしまって、古い角質が剥がれ落ちずに毛穴を塞いでしまいます。

また、紫外線や過度の摩擦などで刺激を与えると、そのダメージから肌を守ろうとして角質が厚くなって、やはり毛穴に出口が塞がれてしまいます。

このように何らかの要因で毛穴が塞がれることが、ニキビが出来る直接の原因となるのです。

ただし、ニキビの直接的な原因は毛穴が塞がれてしまうことですが、いくら毛穴の詰まりを改善してもニキビを治すことは出来ません。

そのため毛穴が塞がれてしまった原因というのを知る必要があります。

その原因となるのは、成長ホルモンや男性ホルモン、脂肪分や糖分の多い食事などによる皮脂の過剰分泌、紫外線や洗顔、スキンケアなどの肌へのダメージです。

他にも、加齢や保湿成分の減少による乾燥肌やバリア機能の低下で起こる敏感肌、睡眠不足や運動不足なども原因となります。

このように、毛穴が詰まる原因はいろいろあるので、ニキビを治すためにはその原因を把握して取り除かなくてはいけないのです。

あと、今ではニキビ跡専用化粧水も販売されているんですよね。ニキビの原因を潰すとともにニキビ跡の予防に使ってあげると効果的となるのではないでしょうか!

by nfasjkkr92