低温やけどって何度くらいから?

2014 年 4 月 12 日
コメントは受け付けていません。

湯たんぽやカイロ、こたつ、ストーブなど冬場になると体を温める家電は大人気ですよね。どれも心地よい暖かさを演出してくれるなくてはならないものではないでしょうか。ですが、適切な温度で使っていても長時間、密着して触れ続けていると皮膚は熱によるダメージを受けます。これを低温やけどと呼びますね。

45度前後の低い温度でも6時間以上の接触をしていると低温やけどを起こしやすい傾向があることがわかっています。また皮膚を圧迫するような状況。寝転がっていたりするとさらにこの時間は短くなるとされています。

最初は少し赤くなるくらいで痛みなどもないのですが、時間がたつにつれて徐々に真っ黒なかさぶたのようになってきます。やけどは深さによってレベルが分けられるようですが、低温やけどはたいてい真皮や皮下組織まで損傷するレベルではありません。

実は低温やけどは通常のやけどと違って水や氷で冷やしても手当の効果を感じることができないやけどなのです。

低温とつくので軽い感じがしますが、放置しておいたり、何度も繰り返しやけどすることで重症になることが多いので自分で治すよりも医者にみてもらうことが一番よい治療方法になるので心得ておいてください!

ミルメモ | by nfasjkkr92

脱毛クリームで楽々脱毛

2014 年 4 月 8 日
コメントは受け付けていません。

腕や足、脇の下など目立つ部分だけではなく、背中や腰など全身にムダ毛が生えてしまいます。

女性の肌にムダ毛が生えていると、どうも良い印象がなくなってしまいます。

ムダ毛がある肌と言えば、男性というイメージがとても強くなっているということもあるのかもしれません。
女性は、ムダ毛を日々、どうやって処理するべきかをよく考えているものです。

だから、その方法もかなり多種多様になっています。

自己処理だけで考えてもかなり豊富で、人それぞれ違う方法で自己処理をしています。

痛みを伴う方法は抵抗があるけれど、剃るだけでは肌があまりきれいにならないので剃るのはちょっとと思っている女性は多いのです。

これらを満たす方法となると、自己処理ではかなり狭まってしまうのですが、いい方法があります。

脱毛クリームを使えば痛みもありませんし、肌も綺麗になります。

やり方も決して難しくはありません。

商品によっても違いはあるでしょうけれども、脱毛クリームをムダ毛が気になる場所に塗って指定された時間だけ放置しておきます。

時間と言っても10分だとかその程度です。
あとは、綺麗にふき取るだけで終わりです。

ムダ毛がとても柔らかくなり、ふき取るだけで切れてしまいます。
だから、痛みもありません。

ムダ毛の再生を抑制する成分が入っていれば、ムダ毛が生えにくくなるでしょう。

使い続けるうちに、ムダ毛がどんどん薄くなっていくかもしれません。

自己処理の中では、かなり楽な方法ではないでしょうか。

ミルメモ | by nfasjkkr92

きれいに脱毛するためには

2014 年 4 月 8 日
コメントは受け付けていません。

クリームを使って脱毛するためには、クリームがしっかりと伸びる商品を使いましょう。

伸びづらいと、どうしてもムラが出てしまい、脱毛結果にも差が出てしまうはずです。

同じ部位でも場所によってきれいに除去できているところ、少し残っているところがあるなんて、いやだと思いませんか?

なのですっと伸びやすいものを選ぶと、使う時にも簡単に均一に伸ばせて便利で楽ですし、コスト面でもメリットがあります。

伸びやすいということは均一の厚さにしやすいということです。

厚く塗り過ぎると肌トラブルになることはないでしょうが、コスト面から見るともったいないです。

必要な量だけを使える伸びのいい商品なら、必要最低限の量を使うためコストも抑えられるでしょう。

最近はお試しキャンペーンで、低価格で商品を試せるようになりました。

積極的に利用して実際に体験し、クリームの伸びをチェックしてみてください。

口コミをチェックしてみて、ある程度商品の使用感を確認してから、気になるものだけをピックアップ、それだけを試してみるのもいいかもしれません。

最終的には自分で使用して確認しないと、脱毛効果を比較することはできません。

なぜなら人によって毛の量は違いますし、毛の濃さも違う、肌質も違うし好みも違うので、最終的には自分が使用してみてどんな結果だったのか、ということから本格的に使う商品を選ぶ必要があるのです。

上手に情報を活用し、お試しを利用すれば、低コストで簡単にきれいな肌が手に入ります。

ミルメモ | by nfasjkkr92